ある日大会社が依頼に来た!!(上)

ここを最後まで読めば、
今の結婚がどれだけ難しいか
その原因と
貴方の結婚への最短コースが見えてきます。

婚活業界の難しさの程度は
昔より今の方が遥かに難しいのです。


ある日、大会社が依頼に来た!

こんにちは、高橋です。


昭和58年のある日、
松下電工の子会社で
「社員の結婚のお世話をしている」という
婚活部門の責任者で(元)人事部長の上西さんと
担当で主査の野村さんの2人が突然来社され、

600万円用意していますので
是非我社社員の結婚のお世話をして欲しいと
予約もなく来社され頼まれました。





私(高橋 以下、私)
え!?本当に松下さんですか?

お二人は(以下、松下さん)
はい、名刺の通りです。


何故ここへ頼もうと思ったのですか?

松下さん
松下電工では会社をあげて
社員の結婚のお世話をしているが
最近では難しくてなかなか
結婚させられなくて困っているんです。

私共が長年探していた
「結婚が難しくなっている原因」と
「正しい対策」をハッキリと教えている会社だと
言うことが解かりましたので、
「ここしかない」と思って参りました、との事。



とんでもありません。
私共の会社は特別なノウハウはありません。
結婚相談所であれば
10社あれば多分1社位は持っていると思えるような
普通のノウハウだと思いますよ。
~と申し上げましたが

松下さん
イエイエ、関西の結婚相談所の
主だった所は全てお尋ねしましたが、

「結婚のお世話が難しくなった
原因対策を示してくれる所は
ただの1社も無かったんです。
婚礼センターさんだけだったんです。


と、おっしゃられるのですが、
私は全く納得できず

(当時付き合っていた仲人さんは
ボランティアの方だけ
結婚相談所とは平成になるまで
ほとんど付き合いなく

私の話を直接聞いた訳でもないのに
600万円も出すと言ったら
大変失礼なことを申し上げる様ですが
世間から笑われるかもしれませんよ
と申し上げたところ

松下さん
大丈夫です!!
その心配はありません。

先程お話しましたように
関西の結婚相談所では約5年の間で
70社以上はお尋ねして確認しました。

「主だった所は全て行きました」
とのこと。

関西の結婚相談所はタダの1社も
「今の結婚のお世話が難しくなっている
この状況の原因をどこも把握していませんし
対策を言えるところも1社も無かった

とのことです。

又、関東方面でも
ここぞと思える所は大体行ってみましたが
全くダメでした。

どこも結婚をまとめるノウハウを
持っていなかったのです。


え~っ、本当ですか?
とケゲンな顔をしていると??

松下さん
それじゃと、担当の野村主査が
ありのままの事を申し上げます。

と昭和30年代に「100%結婚をまとめたという
大先輩の話をしてくれたのでした。



ある日大会社が依頼に来た!!(下)に続きます
?Gg[???ubN}[N??