結婚相談所 神戸 関西 兵庫の結婚・仲介・お見合い情報/医者・医師・中高年

株式会社 婚礼センター
TEL:078-251-3677
11:00〜18:00 定休日 火曜日
トップページ 成婚率100%の仲人たち 無料相談・お相手紹介 テストマッチング 成婚者の声 資料請求・お問い合わせ
婚礼センターは、まとまるまでお世話いたします。
TOP > 結婚までのストーリー(1)
 

結婚までのストーリー

 

ご入会からお出会い、ご交際をへて結婚へ。

婚礼センターでご成婚されたお二人は、どの様に歩んでこられたのでしょうか。

カウンセラーが実際にお話したアドバイスとともに、お二人の結婚までのストーリーをご紹介いたします。 

 

   結婚までのストーリー 1.

   結婚までのストーリー 2.
 
     

結婚までのストーリー(1)


男性

Nさん/39歳 大卒 再婚

男性プロフィール

職業 :一部上場企業 会社員
職種 :電気メーカー研究職
居住地 :関西
希望 :入会半年間は子供の無い方
特別事項 :子供2歳と同居

女性

Wさん/38歳 高卒 専門卒 初婚

女性プロフィール

職業 :病院勤務
職種 :看護師
居住地 :関西
希望 :年1回里帰り
特別事項 :子宮全摘出で出産が望めない

 

STEP 1

 

奥様を事故で亡くされ間もなく婚礼センターに来られ、カウンセラーがお話をお伺いしました。仕事もお忙しく、2歳の息子さんを両方のご両親が3ヵ月交替でお世話しているご様子でした。ご両親の体調も悪く、悲壮感を漂わせながら来社されました。

 

勤務先の医師の奥様が「15年間ずっと働いてもらっている38歳の看護師さんで、子宮筋腫で子宮を全摘している。子供が産めない子でも結婚できますか。とても良い子なので幸せにしてあげたい。」と訪ねて来られました。

 

カウンセラーアドバイス

 

お母さまは子供のいない方を強く希望されましたが、2歳の子供を連れての再婚となるとお世話が大変難しくなる事をお伝えし、様子をみながら子供さんのいる方でもいい方なら、お見合いの話を進めさせて頂くという事を理解して頂きお世話を始めました。

 

この様な事情の方は、若い頃は難しいのですが、この年齢ならば再婚の方もいますし、希望される範囲を広げれば出来ることをご説明。ご本人に来て頂き、お気持ちをお聞かせ頂きお世話出来る範囲を申し上げますとお話しました。

 


STEP 2

 

子供さんのいない方とのお話は、なかなか進まず2ヶ月目の終りにお相手に子供さんがいる方にもお話する事を許可頂き4ヶ月目の始めに子供さんの居る女性お2人とお見合いされました。子供同士が同学年になるのと、気が合わないと言う事でお2人ともお断り。

 

ご本人が奥様と共に来社。九州の離島出身で兄弟も全員島を離れ九州と関西に居住、全員中学卒・定時制高校卒のまじめなご家族でした。お相手の年齢も全て、婚礼センターにおまかせとの事。すぐに候補者を3人に絞り、お世話スタート。

 

カウンセラーアドバイス

 

丸2ヶ月間、子供さんのいない方8人にお見合い申込をしましたが、良いお返事が頂けなかった事をありのままお伝えし、このままでは時間がたつばかりなので、子供さんのいる方とも併行してお話できる様に提案し、了解されました。

 

色々お話を聞かせて頂き、両親は島で半農半漁の生活をし、特に私が離島する時は母が寂しそうだった。特別な希望は、1年に1回必ず里帰りさせて欲しいとの事。ご本人の気持ちを感じ、了解いたしました。

 


STEP 3

 

子供さんのいる方と2ヶ月間交際となりましたが、会う度に考え方や育った環境の違いを感じてしまう等とお電話で何度もご相談に応じさせて頂きました。ご本人と相談して交際をお断りいたしました。その後Wさんをご紹介・お見合い・交際となりました。

 

3人のお相手から全てOK。全員とお見合いし、その中に子供さんの居られる方はNさんを含めお二人でした。Nさんともう一人お子さんの居られる方との間で少し迷われた様ですが、まずNさんとのお話を優先するという事で交際となりました。

 

カウンセラーアドバイス

 

前の方とは交際中、何度かお電話で相談をお受けし、アドバイスいたしました。最初はとても優しく女らしい所が気に入っておられましたが、言葉使いが上品すぎて何かイキがつまりそうだとの事でしたので、ご本人と相談しお断り。その後Wさんをご紹介しました。

 

決め手はNさんの優しさ、そしてご本人同士が同学年と言う事と子供さんが2歳なので、自分の本当の子供として育てられそうとの事でした。ただ、Nさんの子供さんがあまりにも前妻のご両親に懐かれていて不安だとの事で相談を受け、2歳なら愛情を注いであげると本当の母親になれます。大丈夫と励ましました。

 


STEP 4

 

Wさんより毎日メールがきていたのに、4〜5日連絡がない。何か有ったのではと電話があり前妻の実家へ子供さんを引き取りに行かれた時、「お父さん嫌い帰れと泣く」先方の祖父母との泣き別れの話を聞いてからだと説明し、ご相談にのり解決。Wさんにすぐに会ってプロポーズしてくださいと申し上げました。

 

後日、Nさんからの電話の後、すぐWさんからも電話が入りつづけて婚約の報告を受けました。実家への報告で二人そろって来月九州へ帰るとの事ですが、その前に二人で亡き奥様のお墓参りと、奥様のご両親にご挨拶に伺いますと報告を受けました。

 

カウンセラーアドバイス

 

3日後、Nさんから「婚約しました。有難うございました。」Wさんのご両親の事等も理解してあげてくださいとアドバイス。Wさんの実家へご挨拶に行くとの事でWさんが実家へ連絡を入れた旨報告を受けました。これで大丈夫と安心しました。お幸せに。

 

亡き奥様の実家へご挨拶にご本人も行くとは、中々できない事、とてもいい事です。と申し上げましたが、Wさんは電話の向こうで声がつまられていました。後日、Nさんとお二人で挨拶に来られましたがお顔が輝いて見えました。お幸せにと申し上げました。

 

 

 

ページTOPに戻る ↑


100%まとめる仲人の話